都道府県から探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
近畿
中国・四国
九州・沖縄
×

指定したエリアで検索する

詳細条件から探す
ジャンル
季節
施設
駐車場
人数
料金
混雑具合
検索方法
×

指定した条件で検索する

鮎滝

写真の追加・情報の修正はこちら

鮎滝について

鮎滝は寒狭川にあり、鮎滝を越えようとジャンプする鮎を竿の付いた網で捕らえる笠網漁という珍しい漁法が行われています。主に6月から9月に出沢地区の人々による漁を見ることができます。寒狭峡大橋のすぐ下に釣り場があり、高さ約4mの激流となっています。

#湖|川|滝
名称 鮎滝
所在地 441-1313
愛知県新城市出沢前畑64−3
公式サイト https://www.okuminavi.jp/search/detail.php?id=515
平均予算 無料
平均滞在時間 1時間
ベストシーズン
オススメの人数 人数に関係なく楽しめる
駐車場 駐車場あり
施設 屋外
混雑具合 空いている
ユーザレビュー
ここへ行く

鮎滝のツーリング記事

記事はありません。

ツーリングブログを書きませんか?

この場所の記事を書く

鮎滝に近い場所

設楽原歴史資料館 愛知県
設楽原歴史資料館

オススメ: 通年/人数に関係なく楽しめる

平均予算: 330円

滞在時間: 1時間

オススメ:通年 / 人数に関係なく楽しめる

平均予算:330円 / 滞在時間:1時間

新城設楽原歴史資料館では、主に長篠・設楽原の戦い、日米修好通商条約調印の立役者である岩瀬忠震の二つについて関連する資料が展示されています。特に火縄銃や古式銃に関する展示は日本だけでなく国外のものもあり、量は日本一の規模を誇っています。

鳳来寺山自然科学博物館 愛知県
鳳来寺山自然科学博物館

オススメ: 通年/人数に関係なく楽しめる

平均予算: 220円

滞在時間: 1.5時間

オススメ:通年 / 人数に関係なく楽しめる

平均予算:220円 / 滞在時間:1.5時間

鳳来寺山自然科学博物館は、愛知県にある博物館です。鳳来寺山を中心にその地域の土地やそこに生息する動物・植物について学ぶことができます。ミュージアムショップでは、館報やその他の本、岩石・鉱物・化石標本、グッズなどを販売しています。

阿寺の七滝 愛知県
阿寺の七滝

オススメ: 通年/人数に関係なく楽しめる

平均予算: 無料

滞在時間: 50時間

オススメ:通年 / 人数に関係なく楽しめる

平均予算:無料 / 滞在時間:50時間

滝および周辺は国の名勝および天然記念物に指定されている。日本の滝100選の一つ。自然林内の礫岩の断層にかかる7段の滝となっている事から、七滝と名付けられた。この礫岩は子抱石といわれ、祀ることで子宝に恵まれるとの伝承がある。なお、滝の竜神は雨乞の神として信仰されている。上から2番目・5番目の滝壺には深さ7メートルにおよぶ甌穴がある。また陰陽師の安倍晴明が若年期に滝で修行したという伝説があり、晴明が使ったという井戸が現存する。

本宮山スカイライン 愛知県
本宮山スカイライン

オススメ: 秋/人数に関係なく楽しめる

平均予算: 無料

滞在時間: 1時間

オススメ:秋 / 人数に関係なく楽しめる

平均予算:無料 / 滞在時間:1時間

本宮山、山頂からは天気がいい日には富士山も望める。本宮山スカイラインで山頂付近まで行けるので、景色を眺めながらドライブを楽しみたい。紅葉スポットとしても人気、また、近隣にはキャンプ場、砥鹿神社奥の院、くらがり渓谷など散策スポットも多数、道中のコーナー、アップダウンもありツーリングにも最適

もっと見る

鮎滝と似ている場所

阿寺の七滝 愛知県
阿寺の七滝

オススメ: 通年/人数に関係なく楽しめる

平均予算: 無料

滞在時間: 50時間

オススメ:通年 / 人数に関係なく楽しめる

平均予算:無料 / 滞在時間:50時間

滝および周辺は国の名勝および天然記念物に指定されている。日本の滝100選の一つ。自然林内の礫岩の断層にかかる7段の滝となっている事から、七滝と名付けられた。この礫岩は子抱石といわれ、祀ることで子宝に恵まれるとの伝承がある。なお、滝の竜神は雨乞の神として信仰されている。上から2番目・5番目の滝壺には深さ7メートルにおよぶ甌穴がある。また陰陽師の安倍晴明が若年期に滝で修行したという伝説があり、晴明が使ったという井戸が現存する。

袋田の滝 茨城県
袋田の滝

オススメ: 通年/人数に関係なく楽しめる

平均予算: 300円

滞在時間: 1.5時間

オススメ:通年 / 人数に関係なく楽しめる

平均予算:300円 / 滞在時間:1.5時間

袋田の滝は、高さ120メートル、幅73メートルの大きさを誇り、日本三名瀑にも数えられる、茨城県を代表する観光スポットのひとつです。滝の流れが大岩壁を四段に落下することから「四度(よど)の滝」とも呼ばれ、一説には、西行法師がこの地を訪れた際に「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣は味わえない」と絶賛したことからこの別名がついたとも伝えられます。

青い池 北海道
青い池

オススメ: 春/人数に関係なく楽しめる

平均予算: 無料

滞在時間: 0.5時間

オススメ:春 / 人数に関係なく楽しめる

平均予算:無料 / 滞在時間:0.5時間

水面がびっくりするくらい青く見える池です。十勝岳の防災工事の際貯まった池ですが、特にも雪解けの時期の5月が一番濃い青の様子を見ることが出来ます。立ち枯れたカラマツと池のコントラストが美しい眺めです。冬は池は凍ってしまいますが、11月からライトアップもされるので、雪と池のコラボも見どころの一つです。

藺牟田池 鹿児島県
藺牟田池

オススメ: 夏/複数人で楽しめる

平均予算: 無料

滞在時間: 2時間

オススメ:夏 / 複数人で楽しめる

平均予算:無料 / 滞在時間:2時間

夏に花火大会があり、屋台も出ていたところですイベントがない時も、ボートに乗ることが出来たり、2人乗りの自転車を借りれて藺牟田池を1周できたり古びた感じがありますがそれがまたいい感じを出してると思います。友達と行っても楽しかったですが、カップルなどでも楽しめるところだと思います

もっと見る

あなたのオススメスポットを登録しませんか?

モトスポットでは、皆様からオススメスポットを募集しています!

全ライダーのための最高なサービス作りに、ご協力よろしくお願いいたします。

スポットを登録する