都道府県から探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
近畿
中国・四国
九州・沖縄
×

指定したエリアで検索する

詳細条件から探す
ジャンル
季節
施設
駐車場
人数
料金
混雑具合
検索方法
×

指定した条件で検索する

公式

バイク免許を取ろう!免許の種類や取得方法・費用を徹底解説

バイク免許を取ろう!免許の種類や取得方法・費用を徹底解説のアイキャッチ画像
投稿日

ひと口にバイク免許と言ってもたくさんの種類があります。

免許によって乗れるバイクが変わりますし、取得にかかる費用や日数なども違います。

モトスポット

この記事では、全部で7種類あるバイク免許について詳しく解説するよ

後半では、免許取得方法についてもまとめているので、これから免許を取ろうとしている人は、参考にしてください。

<免許の種類一覧>

免許の種類 乗れるバイク 年齢 高速・専用道路走行 二人乗り
原付免許 50cc以下のバイク 16歳以上 できない できない
小型限定普通二輪免許 125cc以下のバイク できる
AT小型限定普通二輪免許 125cc以下のATバイク
50cc以下のMTバイク
普通二輪免許 400cc以下のバイク できる
AT限定普通二輪免許 400cc以下のATバイク
50cc以下のMTバイク
大型二輪免許 全てのバイク 18歳以上
AT限定大型二輪免許 全てのATバイク
50cc以下のMTバイク

バイク免許ごとに運転できる排気量は?

免許ごとに運転できるバイクの排気量は決まっています。

<免許の種類と運転できるバイクの排気量>

排気量の区分

~50cc

~125cc

~400cc

400cc以上

原付

× × ×

小型限定(AT限定も含む)

× ×

普通自動二輪(AT限定も含む)

×

大型自動二輪(AT限定も含む)


モトスポット

まずは、それぞれの免許で乗れるバイクの排気量について知っておこう

バイク欲しい

大型だと全部の排気量に乗れるんだね。じゃあこれが1番いいんじゃないの?

モトスポット

たしかにそうだけど、大型は教習車が大きくて重いから技術的なハードルは高めだよ。年齢条件も違うし、取得にかかる費用や時間も増える。次の項目で詳しく解説していくよ!

バイク免許の種類 - 何歳から取れる?費用・日数は?

バイク免許には次の7種類があります。

バイク免許の種類

  • 原付免許
  • 小型限定普通二輪免許
  • AT小型限定普通二輪免許
  • 普通二輪免許
  • AT限定普通二輪免許
  • 大型二輪免許
  • AT限定大型二輪免許

また、免許ごとに取得年齢の制限があります。

バイク免許取得の年齢制限

  • 原付、小型限定、普通自動二輪免許
    • 16歳以上
  • 大型自動二輪免許
    • 18歳以上

年齢条件を満たしていれば、高校生でバイク免許を取得しても法的には問題ありません。
(学校側がバイク免許を禁止している場合があるので、そこは気をつけましょう。)

バイク欲しい

最速で取りたい場合は16歳や18歳の誕生日を迎えた日に教習所に入校すればいいの?

モトスポット

いや、入校のタイミングは誕生日より前でもOKなんだ。教習所を卒業する時点で16歳(18歳)になっていればいい

誕生日の1ヶ月前から入校を受けてくれる教習所が多いです。

原付免許

もっとも手軽に取れるバイク免許です。

管轄の運転免許センター(試験場)で行われる学科試験に合格したのち、2時間程度の実技講習を受けると免許を取得できます。

ただし、地域によっては学科試験のみ運転免許センターで行い、実技講習は教習所で行う場合があります。

その場合は実技講習→学科試験という逆の順番で受けるパターンもあります。

運転可能なバイク

50ccまで

対象年齢

16歳以上

必要な日数

最短1日

費用の目安

約8,000円

※50cc以下のバイクは普通自動車免許(クルマ免許)でも乗ることができます。

できること

  • 50cc以下のバイクに乗ること

できないこと

  • 51cc以上のバイクに乗ること
  • 2人乗り
  • 30km/h超の走行
  • 片側3車線以上の道路を右折(二段階右折が必要)
  • 高速道路・自動車専用道路の走行
バイク欲しい

学科試験っていうのは、ひっかけ問題で有名なアレのことだね

モトスポット

そうだね。市販の学科教本や、模擬試験が受けられるウェブサイトで勉強できるよ。

一般社団法人 日本二輪車普及安全協会「ゲンチャレ」
https://www.jmpsa.or.jp/genchalle/

免許センターの近くには、自信がない人や勉強する時間がない人のための学習塾もあります。

1回3,000円くらいかかりますが、合格するためのコツを教えてくれます。

小型限定普通二輪免許

125ccまでのバイクに乗ることができる免許です。

51~125ccのバイクであれば、50ccバイクのように30m/h制限や二段階右折のルールに縛られることはありません。

また、免許取得から1年以上経過した時点で2人乗りができるようになります。

ただし、高速道路や自動車専用道路に乗ることはできません。

運転可能なバイク

125ccまで

対象年齢

16歳以上

必要な日数の目安

10~19日(四輪免許なし)

3~6日(四輪免許あり)

費用の目安

13万円(四輪免許なし)

8万円(四輪免許あり)

 

できること

  • 125cc以下のバイクに乗ること
  • 2人乗り(一部車種を除く)

できないこと

  • 126cc以上のバイクに乗ること
  • 高速道路・自動車専用道路の走行
バイク欲しい

クルマの免許を持っているかどうかで日数や費用が大きく変わるんだね

モトスポット

学科の大半と実技講習の一部が免除されるからね。これは小型だけじゃなくて普通自動二輪・大型自動二輪免許も同じだよ

バイク欲しい

クルマ免許があれば数日で取れるのは魅力だね

AT小型限定普通二輪免許

ATとは「クラッチレバーがついていないバイク」のこと。

代表的な例はスクーターですね。

他にもホンダ・スーパーカブシリーズやダックス125のようにクラッチ操作が不要なバイクもATに含まれます。

AT限定免許ではMTバイクに乗れませんが(※)その分、MT免許に比べて費用や取得日数が少なく済むというメリットがあります。

(※)50cc以下ならMT車もOK

運転可能なバイク

125ccまでのAT車

対象年齢

16歳以上

必要な日数の目安

9~18日(四輪免許なし)

3~5日(四輪免許あり)

費用の目安

12万円(四輪免許なし)

7万円(四輪免許あり)

 

できること

  • 125cc以下のATバイクに乗ること
  • 50cc以下のMTバイクに乗ること
  • 一般道路の2人乗り(免許取得から1年以上が条件)

できないこと

  • 126cc以上のATバイクに乗ること
  • 51cc以上のMTバイクに乗ること
  • 高速道路・自動車専用道路の走行
バイク欲しい

ATバイクはスクーターだけじゃないんだね

モトスポット

スクーター以外の現行AT125はホンダがメインだね。

絶版車ならカワサキ・Z125(「PRO」がつかない)やKSR110なんかもAT小型限定免許で乗れます。

気になる人は中古車情報をチェックしてみてください。

普通二輪免許

400ccまでのバイクに乗ることができる免許です。

401cc以上の大型バイクに乗れないという点を除けば、制約はほとんどありません。

126cc以上のバイクであれば高速道路に乗ることができるため、行動範囲が大きく広がります。

運転可能なバイク

400ccまで

対象年齢

16歳以上

必要な日数の目安

12~23日(四輪免許なし)

9~14日(四輪免許あり)

費用の目安

16万円(四輪免許なし)

10万円(四輪免許あり)

 

できること

  • 400以下のバイクに乗ること
  • 高速道路走行
  • 一般道路の2人乗り(免許取得から1年以上が条件)
  • 高速道路の2人乗り(年齢20才以上かつ免許取得から3年以上が条件)

できないこと

  • 401cc以上のバイクに乗ること

AT限定普通二輪免許

400cc以下のATバイクに乗ることができる免許です。

国内現行のAT126~400ccクラスはスクーターが中心となっているため、ビッグスクーターに乗るための免許だといえるでしょう。

なお、この免許で乗れるMTバイクは50ccまでです。

125ccクラスのMT車に乗ることはできません。

運転可能なバイク

400ccまでのAT車

対象年齢

16歳以上

必要な日数の目安

11~21日(四輪免許なし)

7~12日(四輪免許あり)

費用の目安

15万円(四輪免許なし)

9万円(四輪免許あり)

 

できること

  • 400cc以下のATバイクに乗ること
  • 50cc以下のMTバイクに乗ること
  • 高速道路走行
  • 一般道路の2人乗り(免許取得から1年以上が条件)
  • 高速道路の2人乗り(年齢20才以上かつ免許取得から3年以上が条件)

できないこと

  • 401cc以上のATバイクに乗ること
  • 51cc以上のMTバイクに乗ること
バイク欲しい

最初からビッグスクーターに乗ろうと決めている人にピッタリの免許だね

モトスポット

Ninja250やR25のような今人気の250ccスポーツバイクに乗りたい人はMT免許が必要だから、間違えないように気を付けてね

大型二輪免許

排気量の制限なく、すべてのバイクに乗れる免許です。

取得にかかる費用と日数が最も多く、実技講習に使われるバイクも大きく重くなることからハードルは高めです。

教習所によっては普通自動二輪免許からステップアップして取得することを推奨していたり、普通二輪と大型二輪の免許をひとまとめにしたセットプランを用意しているところもあります。

運転可能なバイク

すべての排気量のバイク

対象年齢

18歳以上

必要な日数の目安

16~31日(四輪免許なし)

14~25日(四輪免許あり)

6~13日(普通自動二輪免許あり)

費用の目安

24万円(四輪免許なし)

18万円(四輪免許あり)

11万円(普通自動二輪免許あり)

 

    できること

    • 全てのバイクに乗ること
    • 高速道路走行
    • 一般道路の2人乗り(免許取得から1年以上が条件)
    • 高速道路の2人乗り(年齢20才以上かつ二輪免許取得から3年以上が条件)

    できないこと

    • なし
    バイク欲しい

    いきなり大型二輪を取ることもできるんだね。だったら最初から大型がいいなぁ〜

    モトスポット

    教習車は重いし、しっかりと運転技術を身につけるためにも普通→大型と段階的に取った方がいいよ

    AT限定大型二輪免許

    排気量を問わず全てのATバイクに乗れる免許です。

    AT限定普通二輪免許と似ていますが、決定的に違う点が、以下の例のような大型バイクに乗れることです。

    • ホンダ・アフリカツイン〈DCT〉
    • ホンダ・レブル1100〈DCT〉
    • ヤマハ・FJR1300AS

      上記のモデルには、クラッチ操作不要でギヤチェンジができる機構が備わっているため、AT扱いとなります。

      その機構とは、ホンダのDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)や、ヤマハのYCC-S(ヤマハ電子制御シフト)などが代表的なもので、いずれも大型バイクのみが持つ装備です(2022年11月時点)。

      こうしたクラッチレスの上級スポーツモデルに乗れることが、AT限定大型免許の特長です。

      運転可能なバイク

      すべての排気量のATバイク

      対象年齢

      18歳以上

      必要な日数の目安

      15~30日(四輪免許なし)

      12~23日(四輪免許あり)

      3~12日(普通自動二輪免許あり)

      費用の目安

      22万円(四輪免許なし)

      17万円(四輪免許あり)

      10万円(普通自動二輪免許あり)

       

      できること

      • 全てのATバイクに乗ること
      • 50cc以下のMTバイクに乗ること
      • 高速道路走行
      • 一般道路の2人乗り(免許取得から1年以上が条件)
      • 高速道路の2人乗り(年齢20才以上かつ二輪免許取得から3年以上が条件)

      できないこと

      • 51cc以上のMTバイクに乗ること
      バイク欲しい

      大型バイクにもクラッチ操作がいらないモデルがあるんだね

      モトスポット

      アクセルをひねるだけでパワーが出るから、慎重に操作する必要はあるけれど、MTとは違った独特な加速感が味わえる面白いバイクだよ

      バイク免許取得の方法

      教習所でバイク雨を運転する人

      バイク免許を取る方法は「教習所」「一発免許」「合宿免許」の3つがあります。

      それぞれの方法の特徴について解説していきます。

      教習所に通う

      教習所に通うことで学科の勉強と運転技能を習得して免許取得の資格を得る方法です。

      教習所によっては二輪の教習を行っていなかったり、普通自動二輪までしか対応していない場合もあるので、自分の取得したい免許を扱っているかの確認を忘れずに。

      教習所では何をする?

      極論を言うと、運転免許は教習所に通わなくても、適性検査と学科試験、技能教習に合格すれば取ることができます。(一発試験と呼ばれる方法)

      ただ、独学で交通法規を勉強したり、バイクの運転を覚えることは難しいですよね?

      その難しい部分を教えてくれる場所が教習所というわけです。

      教習所では、図の青色部分を教わります。

      普通自動二輪免許取得の流れ

      教習所の卒業検定に合格することで、試験会場での技能試験が免除され、学科試験のみになります。

      既に自動車などの他免許を持っている場合、学科試験も免除されます。

      験場会場での学科試験に合格すれば無事に免許証が交付されます。

      教習所に通い始めるなら何月がオススメ?

      教習所は予約制になっているため、混んでいる時期はなかなか予約が取れません。

      混む時期は学生が多く入校する夏休みと春休み。

      とくに春休みは混雑しがちで、ピークは2~3月です。

      逆に予約が取りやすい時期はオフシーズンの5~7月、10~12月といわれています。

      オフシーズンは予約が取りやすいだけでなく、料金が安くなる場合もありますので、確認しておきましょう。

      バイク欲しい

      春休み中にクルマの免許を取る学生が多いってのはよく聞く話だね

      モトスポット

      ほとんどの教習所はバイクだけじゃなくクルマもやっているからね。クルマ免許を取りに来る学生が殺到すると予約が取れなくなるんだよ

      教習所のメリット

      • 遅い時間や週末にも対応してくれるため時間の融通が利く
      • プロの指導員に運転や交通法規を教えてもらえる

      教習所のデメリット

      • 料金が高い
      • 思うように予約が取れない場合がある

      一発試験を受ける

      教習所で教わる部分を飛ばして、いきなり試験場に行って受験する方法です。

      時間も費用も大幅に減らせますが、一発試験は教習所以上に高い運転技術を要求されるため、初心者が合格することは難しいです。

      合格率は1割強と言われており、5~10回以上受験してようやく合格となるケースが多いです。

      モトスポット

      一発といいつつ、一発ではまず無理

      一発試験では何をする? 

      まずは管轄する運転免許センターで、バイクの引き起こしなどの適性検査の予約をします。

      適性検査に合格すると、技能試験の予約が取れます。

      技能試験に合格したら指定教習所で取得時講習を受け、再び免許センターで書類と手数料を支払うことで、免許証が発行される流れです。

      何回で合格すれば教習所よりもお得?

      前述したように、一発試験は何度も不合格を繰り返すケースがほとんどなので、落ちるたびに費用が増えていきます。

      ただし、下図のように「受験ごとに必要な費用」は、意外と安いです。

      受験ごとに必要な費用

      受験料

      2,600円

      試験車使用料

      1,450円

      合格時に必要な費用

      免許証交付料

      2,050円

      取得時講習受講料

      16,650円

      ※普通自動二輪免許所有者が大型自動二輪免許を取得する場合

      受験ごとに必要な費用は4,050円なので、最終的にかかる費用の計算式はこうなります。

      4,050円 × 受験回数 + 2,050円 + 16,650円
      バイク欲しい

      もし20回目でやっと合格した場合でも、総額は9万9,100円か。教習所で取る場合が10~11万円と考えると、20回までなら一発試験の方がお得なのかな

      モトスポット

      そうだね。ただ、一発試験は平日しか行っていないし難易度も高い。かなりの根気と努力が必要だよ

      一発試験のメリット

      • 少ない回数で合格すれば最安の費用で済む
      • 「一発試験で合格した」という満足感が得られる

      一発試験のデメリット

      • 平日の限られた時間にしか受けられない
      • プロの指導員に教わることがないので自己流の運転になりやすい

      合宿免許を利用する

      合宿免許とは、教習所が指定する宿舎(ホテル・旅館など)に泊まりながら教習を受けるプランで、料金がお得に設定されている点が大きな特長だといえます。

      連日集中して教習を受けられるため、教習所に通うよりも短い期間で卒業をすることが可能です。

      合宿免許には、3つのオススメポイントがあります。

      ポイント1 料金が安い

      料金には、以下の費用がすべて含まれていることが多く、総費用は教習所に通うより安くなります。

      • 教習料金
      • 宿泊費
      • 食事代(3食)
      • 交通費

      ポイント2 最短日数で卒業できる

      合宿免許では、毎日教習を受けられるため、超短期間で免許取得が可能です。

      • 普通二輪…最短9日(所持免許なし)
      • 普通二輪AT限定…最短7日(所持免許なし)
      • 大型二輪…最短6日(普通自動二輪免許所持)
        など

      通いでは、予約がスムーズに取れず思った以上に日数がかかることも珍しくありません。

      合宿免許なら短期間で教習を受けられますし、集中して教習を受けることで合格率アップにつながります。

      ポイント3 旅行気分が味わえる&多くの出会いがある

      合宿中は常に勉強&教習漬けというわけではなく、自由時間に観光を楽しむこともできます。

      名所を巡ったり地元グルメや温泉を楽しんだりできることも合宿免許の楽しみのひとつです。

      また、合宿免許は同じ目的を持つ者同士で意気投合するケースが多く、いつのまにか仲良くなって、コミュニティが広がることもあります。

      バイク欲しい

      まとまった時間が取れる職業に就いている社会人や学生にピッタリだね

      モトスポット

      料金も安いから、休みが取れるなら一番オススメ

      合宿免許のメリット

      • 費用が安い
      • 最短期間で免許を取ることができる
      • 集中して教習を受けられるため、学科や技能が身に付きやすい
      • 旅行気分を味わえる
      • たくさんの出会いがある

      合宿免許のデメリット

      • 合宿期間中は許可なく帰宅できない

      合宿か教習所(通学)か迷っている人は、こちらを参考にしてください。

      \お得な限定キャンペーン開催中/
      自分に合った合宿免許を見てみる

        バイク免許の種類・取得方法まとめ

        教習所でバイクを運転する人

        改めてバイク免許の種類と特徴をまとめておきます。

        免許の種類 乗れるバイク 年齢 高速・専用道路走行 二人乗り
        原付免許 50cc以下のバイク 16歳以上 できない できない
        小型限定普通二輪免許 125cc以下のバイク できる
        AT小型限定普通二輪免許 125cc以下のATバイク
        50cc以下のMTバイク
        普通二輪免許 400cc以下のバイク できる
        AT限定普通二輪免許 400cc以下のATバイク
        50cc以下のMTバイク
        大型二輪免許 全てのバイク 18歳以上
        AT限定大型二輪免許 全てのATバイク
        50cc以下のMTバイク

         

        どのバイク免許を取得するかは、自分が乗りたいバイクに合わせるのが一番です。

        もし、まだ乗りたいバイクが決まっていないのであれば、とりあえず普通自動二輪免許を取っておくと良いです。

        400ccまでのバイクに乗れるので、まず困ることはありません。

        最初から大型が欲しくなるかもしれませんが、いきなりはハードルが高いので、将来乗りたくなった時にステップアップするようにしましょう。

        ほとんどの人は、まず普通自動二輪免許を取得してから、数年後に大型自動二輪免許を取得しています。

        モトスポット

        自分は普通を取った1年後に大型を取りましたが、これでも早い方です。

        また、免許を取得する方法も、それぞれの特徴を知り、自分に合った方法を選びましょう。

        バイク欲しい

        バイク免許は安い買い物じゃないから、迷うよねぇ

        モトスポット

        免許を取ったあともお金は必要だしね。バイク本体を買うお金やヘルメット・ウエアのお金も残しておかないと

        バイク欲しい

        そうだった…じゃあ僕は一発試験か合宿免許でできるだけ安く済ませたいなぁ

        モトスポット

        一発試験は初心者にはハードル高いよ。 安さと安心を取るなら、合宿免許がオススメかなー

        合宿免許の選び方については、こちらにまとめていますので、参考にしてください。

        実際にどんな合宿免許があるのか、チェックしたい人はこちらからどうぞ!

        \お得な限定キャンペーン開催中/
        自分に合った合宿免許を見てみる

        この記事を書いた人

        モトスポット公式アカウントです。バイクの役立つ情報を発信します。
        公式記事は、複数人の実際のライダーが執筆担当しています。
        専門的な内容の記事については、専門家に取材した情報をもとに作成しています。

        コメント

        コメント

        名前

        コメントを投稿する

        他の公式記事

        オススメ記事