都道府県から探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
近畿
中国・四国
九州・沖縄
×

指定したエリアで検索する

詳細条件から探す
ジャンル
季節
施設
駐車場
人数
料金
混雑具合
検索方法
×

指定した条件で検索する

普段着ツーリング 愛知池

普段着ツーリング 愛知池のアイキャッチ画像 ツーリング

更新日:2022-07-28 / 投稿日:2022-07-27

閲覧数:118

2022年7月。コロナ感染爆発。

なんとなく遠出がためらわれる今日この頃。名古屋から近いところにちょっといいツーリングスポットがあります。

それは、「愛知池」

愛知池は、木曽川を水源にする、愛知用水の大きなため池です。

愛知用水について詳しくはこちら→https://www.water.go.jp/chubu/aityosui/

御嶽山から湧き出した最初の一滴が、愛知池を経由して、知多半島から海に注ぐ。ロマンを感じますね。

数時間暇があったので、いつものように遊んできました。

池の西側、県道233号線の「愛知池」交差点から入ったところに、駐車場があります。この日は平日で車は少な目。

土日祝は満車に近いこともあります。トイレが併設されていて安心です。

昔は交差点のところにミニストップがありましたが、今は閉店しました。

米野木駅の近くにマックスバリュがあります。飲み物やおやつはそこで調達するといいかもしれません。

駐車場から上がってすぐのところが、一番のハイライト。

一直線に伸びる遊歩道。目の前に、空の青を映した大きな池が広がります。

1週7.4キロの遊歩道は、車、バイクの乗り入れはできません。1週してみるかどうか、ためらわれる距離ですよね!

駐車場から、反時計回りに3キロほど進むと、遊歩道から直接入れる喫茶店があります。

喫茶店を目指して往復なら、いかがでしょうか?

ここはカヌーの大会が行われることでも有名です。敷地内にボートハウスが点在しています。

大会が行われている日は、写真の漕艇場には立ち入れなくなります。

直線の遊歩道から、みよし市方面が見渡せます。高台にあって眺めが爽快!バイク乗り的に見晴らしの良さは重要です。

遊歩道には木が生い茂り、日陰が多め。ランニングやウォーキングを楽しむ方々でにぎわっています。

駐車場からそんなに歩かなくても十分良い景色が堪能できるのですが。やはり、ここの楽しみは遊歩道の周遊に尽きるでしょう。

春は桜、続いてツツジ、秋にはキンモクセイと、四季折々の花が咲き、紅葉も楽しめます。

そして、いつ行っても色濃く香るのは、緑と土の匂い。

トレッキングで体を動かし、フィトケミカルをたんまり吸いこんで、元気をもらって帰る。

名古屋市内ではなかなか体験できない、ちょっと深めの森を近場で味わうことができます。

このご時世にありがたいことです。

遊歩道から見える名鉄の高架。赤色のかわいい電車は本数が少なめなので、狙わないと撮れないですね。


いかがでしたでしょうか?「愛知池」を簡単にご紹介しました。

遠くに行きづらい、でもリフレッシュしたい。

そんな願いをかなえてくれる、名古屋から軽く日帰りできる素敵なスポットです。

近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

この記事を書いた人

コメント

他のツーリング記事