都道府県から探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
近畿
中国・四国
九州・沖縄
×

指定したエリアで検索する

詳細条件から探す
ジャンル
季節
施設
駐車場
人数
料金
混雑具合
検索方法
×

指定した条件で検索する

公式

【保存版】バイク保管用のレンタルコンテナの選び方とオススメは?

【保存版】バイク保管用のレンタルコンテナの選び方とオススメは?のアイキャッチ画像
投稿日 最終更新日

バイクを買いたいけどバイク置き場がなくて困っている、もっとセキュリティの高い場所に置きたい。

などの理由で、レンタルコンテナを検討している人は多いと思います。

自分も自宅にバイク置き場がなくて、めちゃくちゃ調べました。

この記事では、バイク保管場所としてレンタルコンテナを検討している人向けに、レンタルコンテナを選ぶポイントとオススメを紹介します。

バイクコンテナと汎用コンテナの違い

レンタルコンテナを選ぶ前に知っておきたいのが、バイクを保管するために使えるコンテナには「バイクコンテナ」「汎用コンテナ」の2種類が存在するということです。

バイクコンテナとは

バイク用コンテナ
出典:加瀬のレンタルボックス

バイクコンテナとは、文字通りバイク保管に特化したコンテナのこと。

バイク専用に設計されているため、バイクの出し入れや保管で困ることはありません。

バイクコンテナのメリット

  • バイクの出し入れが楽
  • 盗難リスクを軽減
  • 工具やヘルメットなども収納可能

バイクコンテナのメリットは、上記の通りです。

コンテナまでの導線が確保されていたり、専用のスロープが設置されていたりするので、バイクの出し入れがしやすいです。

バイクコンテナのデメリット

  • 全ての会社が扱っているわけではない

バイクコンテナは、全ての会社が扱っているとは限らないので、近くになければ利用はできません。

まずは、近くにあるか調べてみると良いです。

> 加瀬のレンタルボックスで近くにあるか調べる

汎用コンテナとは

汎用コンテナ

汎用コンテナとは、荷物を保管するために作られている一般的なコンテナのことです。

このコンテナでもバイクを保管することは可能です。

汎用コンテナのメリット

  • どこにでもある
  • サイズ種類が豊富

汎用コンテナは、どのコンテナ会社でも扱っているので、大体保管したい場所の近くで見つかります。

サイズも豊富で、大きいものを選べば、バイクだけでなく、荷物もまとめて収納できるので、部屋をスッキリさせることもできます。

汎用コンテナのデメリット

  • バイクの出し入れがしづらい

コンテナによっては、入口までの導線が狭かったり、入り口の段差が高くて出し入れが大変なことがあります。

専用のスロープが付属していないため、自分で用意する必要があります。

バイク駐車ならバイクコンテナがオススメ

バイクコンテナでも汎用コンテナでも、雨風をしのいだり、いたずらや盗難のリスクを軽減できます。

しかし、実際に使うとなるとバイクコンテナの方が、出し入れや使い勝手が良いため、オススメです。

ただ、バイクコンテナは設置数が少なく、汎用コンテナを使っているという人も多いです。

そんな人は、次に紹介するバイク保管用コンテナの選び方をしっかりと確認してください。

バイク保管用コンテナの選び方

バイク保管用に汎用コンテナを借りるのであれば、これから紹介するコンテナの選び方のポイントをチェックしておきましょう。

可能であれば、メジャーを持って実際にコンテナの下見に行って、以下の項目をチェックしておくと良いです。

  • コンテナのサイズ
  • コンテナの入口幅
  • 道路からコンテナまでの通路幅
  • 傾斜が大きくないか

具体的にどんなコンテナなら良いのか、次に紹介します。

バイクより少し大きめのコンテナを選ぶ

  • コンテナの幅:バイクの全幅+40cm以上
  • コンテナの全長:バイクの全長以上
  • コンテナの全高:自分の身長以上

コンテナサイズで重要なのは、幅と全長(奥行き)です。

バイクを出し入れするときは、バイクを押して入れることになります。

そのため、コンテナの幅は「バイクの全幅」+「自分の肩幅」以上あった方が楽です。

成人男性の平均肩幅が40cmほどなので、バイクの全幅+40cm以上が幅の目安になります。

バイクの全幅は、大きいものでも100cm程度なので、自分の肩幅を入れて、140cm以上のコンテナであれば、問題なく入ります。

自分のバイクの全幅を知りたいときは、公式サイトやバイクブロスのバイクカタログなどからチェックできます。

コンテナサイズは帖数で表記されることが多いので、サイズの目安を記載しておきます。

バイクコンテナは、大体2〜2.3帖です。

1.5帖タイプのコンテナ

全幅

全長

全高

110 cm

210 cm

220 cm

2帖タイプのコンテナ

全幅

全長

全高

140 cm

210 cm

220 cm

2.5帖タイプのコンテナ

全幅

全長

全高

170 cm

220 cm

220 cm

3帖タイプのコンテナ

全幅

全長

全高

190 cm

220 cm

220 cm

入口が広いのコンテナを選ぶ

上に記載した全幅はあくまでコンテナのサイズなので、入口の幅も確認しておく必要があります。

よくあるタイプとして「片開きドア型」「両開きドア型」「シャッター型」があります。

片開きドア型

片開きドアのコンテナ

家にあるような普通のドアのことです。

小さいコンテナは大体このドアなので、1.5帖タイプのコンテナを選ぶ時などはバイクがドアを通れるかチェックしましょう。

両開きドア型

両開きドアのコンテナ

観音開きとも言いますが、両側に開くタイプのドアです。

少し大きめのコンテナになると、コンテナ前面が両開きドアになっているものあります。

このタイプであれば、バイクは問題なく入ります。

シャッター型

シャッタータイプのコンテナ

ドアではなく、シャッターになっており、上に持ち上げて開くタイプです。

バイク専用のコンテナはシャッター型が多いです。

自宅のガレージのような感覚で使えます。

入口の段差が低いコンテナを選ぶ

コンテナのスロープ
出典:加瀬のレンタルボックス

コンテナは入口部分に段差があるので、スロープなどを使ってバイクを出し入れする必要があります。

段差が高いと、出し入れが大変になるので、できるだけ段差が低いコンテナの方が使いやすいです。

バイクコンテナであれば、専用のスロープが付属していますが、汎用コンテナは、自分で用意する必要があります。

無料でスロープを貸してくれるところもあるので、購入したくない人は、無料貸し出しをしてくれるところを選ぶと良いです。

30cm程度であれば全く問題ありません。

軽トラの荷台に乗せる時などは、80cm以上も上げているので、それを考えると大して問題にはならないですね。

バイクが通れる通路幅のコンテナを選ぶ

コンテナ前の通路

意外と見落としがちなのは、道路からコンテナまでの通路です。

通路が狭いと、バイクの出し入れが大変なので、コンテナ入口までバイクで通れる幅があるかどうかもチェックしておきましょう。

また、路面が舗装されているか、過度な傾斜がないかも確認しておくと良いです。

バイクで押して歩く時は、横幅2m程度あると楽です。

バイク保管にオススメのレンタルコンテナは?

バイク保管に最適なコンテナを借りられる会社は4社あります。

それぞれ紹介します。

タイミングによっては超お得なキャンペーンをやっていたりするので、要チェックです。

加瀬のレンタルボックス

ドッとあ〜るコンテナ

スペースプラス

ハローストレージ

対象地域

全国

九州・関東・東海
(九州シェアNo.1)

全国

全国

物件数

70,000室以上

16,000室以上

450拠点以上

90,000室以上

バイク専用コンテナ

あり

あり

あり

あり

スロープの貸出

無料

無料

-

有料

キャンペーン

あり

あり

あり

あり

公式サイト

公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

 

加瀬のレンタルボックス

加瀬のレンタルボックス公式サイト

  • 全国に多数展開
  • 規模最大級
  • web割引最大3,300円引き
  • 最大1年半額
  • 3ヶ月90%OFFの物件あり

\お得なキャンペーン開催中/

ドッとあ〜るコンテナ

ドッとあ〜るコンテナ公式サイト

  • 九州シェアNo.1
  • web割引3,000円引き
  • 最大6ヶ月半額
  • 初期費用(2ヶ月相当)割引

\お得なキャンペーン開催中/

スペースプラス

スペースプラス公式サイト

  • 最大3ヶ月無料

\お得なキャンペーン開催中/

ハローストレージ

ハローストレージ公式サイト

  • web割引1,000円引き
  • 最大6ヶ月半額
  • 手数料0円

\お得なキャンペーン開催中/

バイク保管用レンタルコンテナの選び方まとめ

レンタルコンテナまとめ

バイク保管に使えるコンテナには「バイクコンテナ」「汎用コンテナ」の2種類ある。

バイクコンテナ

メリット

  • バイクの出し入れが楽
  • 盗難リスクを軽減
  • 工具やヘルメットなども収納可能

デメリット

  • 全ての会社で扱っているわけではない

汎用コンテナ

メリット

  • どこにでもある
  • サイズ種類が豊富

デメリット

  • バイクの出し入れがしづらい

コンテナを選ぶポイント

  • コンテナの全幅が「バイクの全幅+40cm以上」
    2帖〜2.5帖でOK
  • 入口が広いか
  • 入口の段差が低いか
  • バイクが通れる通路幅があるか

    どれも実績・物件数が多く、安心。

    自宅の近くにあるコンテナを選べばOK。

    迷ったら全国規模最大級の加瀬のレンタルボックスを選んでおけば間違いないです。

    モトスポットには、他にもライダーに役立つ情報やツーリングスポット検索サービスがあります。

    気になった記事があれば、参考にしてください。

    この記事を書いた人

    モトスポット公式アカウントです。バイクの役立つ情報を発信します。
    公式記事は、複数人の実際のライダーが執筆担当しています。
    専門的な内容の記事については、専門家に取材した情報をもとに作成しています。

    コメント

    コメント

    名前

    コメントを投稿する

    他の公式記事

    オススメ記事