都道府県から探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
近畿
中国・四国
九州・沖縄
×

指定したエリアで検索する

詳細条件から探す
ジャンル
4端
季節
施設
駐車場
人数
料金
混雑具合
検索方法
×

指定した条件で検索する

ツーリング

地球はやっぱり丸かった!八幡岬公園

地球はやっぱり丸かった!八幡岬公園のアイキャッチ画像
投稿日 閲覧数829

千葉県勝浦市の八幡岬公園に行ってみました。
朝市で有名な勝浦漁港からやや細い道を海沿いに岬の突端へとバイクを走らせ、ほどなく到着。

勝浦湾を見下ろす位置に駐車場があり、海とバイクを一緒に写真に収めることができます。
駐車場からは遊歩道を歩いて公園内に向かいます。

遊歩道の先はアスレチック広場。
ここから、八幡神社または展望広場へ、いずれにしても階段を上っていくことになります。

自分はまず八幡神社の方へ行ってみました。
そこそこ急な斜面をエッチラオッチラ登っていくと、小さな神社にたどり着きます。
ただ残念なことに、周囲を高い木立に囲まれているため、景色がほとんど望めません。

いったんアスレチック広場へ戻って、改めて展望広場へ向かいました。
見晴台には、徳川家康の側室で水戸光圀の祖母である、お万の方の像があります。
お万の方は元々は勝浦城主の娘で、勝浦城が攻め落とされた際この八幡岬の崖から布を垂らして、40mも下の海へ逃れたとか。
勝浦市商工会のホームページではそうした由来が、なんとあの本宮ひろ志さんの(!)イラストで紹介されています。

そして何と言っても、ここから見える太平洋の水平線。
視界を遮るものがなく、わずかに丸みを帯びつつも横一直線にスカイラインが伸びています。
うーん、やはり地球は丸かった!

雄大な景色を眺めながら海風に吹かれているのは、とても気持ちがよいですね。
ここは夕日の眺めも素晴らしいそうですが、そりゃそうでしょう。
いつか夕方にも訪れてみようと思います!

 

 

この場所の詳細情報はこちら

この記事を書いた人

「みくた けい」です。お気楽ソロツーが好き。宿泊先を決めずにふらりと乗り出し、旅先で宿を当日予約します。

コメント

コメント

名前

コメントを投稿する

他のツーリング記事

オススメ記事

この記事を書いた人

「みくた けい」です。お気楽ソロツーが好き。宿泊先を決めずにふらりと乗り出し、旅先で宿を当日予約します。

人気記事