都道府県から探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
近畿
中国・四国
九州・沖縄
×

指定したエリアで検索する

詳細条件から探す
ジャンル
季節
施設
駐車場
人数
料金
混雑具合
検索方法
×

指定した条件で検索する

ツーリング

日本一周道中に大間崎行ってきました

日本一周道中に大間崎行ってきましたのアイキャッチ画像
投稿日 最終更新日 閲覧数510

大間崎

2017年に日本一周したときに立ち寄りました。

大間崎のオブジェクト

本州最北端のこの地には、大間名産のマグロと腕がバトルしているオブジェがあります。

マグロ、ご期待ください。

ちなみにこの時は北海道へ渡るフェリーの時間の都合でマグロは食べられませんでした_(┐「ε:)_

(ツナマヨおにぎりなら食べた。)

本州最北端

本州最北端記念碑

大間崎は本州最北端です。

本州最北端の記念碑が立っています。

ライダーって特に意味もなく端に行きがちですよね。

この日本一周の旅でも、本州の東西南北と日本の東西南北は制覇しました。

ちなみに写真左奥に見えている灯台のある島は北海道ではありません。

弁天島という島でした。

弁天島(べんてんじま)は、青森県下北郡大間町に存在する島である。かつては鳥居島とも呼ばれていた。

大間崎の約600メートル沖にある周囲約2.7キロメートルの無人島で、野鳥の宝庫として知られている。大間崎との間には、クキド瀬戸と呼ばれる潮流の速い水道が存在する。

島内には弁財天を祀った祠があり、弁天様の島として古くから漁師たちに信仰されている。島の名前は、この弁天様が由来となっている。

北海道と本州の間には、生物分布の境界線であるブラキストン線が存在するが、弁天島には双方の生物が混在し、ブラキストン線が当てはまらない。

引用:Wikipedia

とのことで、野鳥がいるらしいです。

津軽海峡フェリーでいざ北海道へ!

津軽海峡フェリー

大間崎で本州最北端の記念碑を見た後は少し西に行ったところにある津軽海峡フェリーターミナルへ向かいます。

津軽海峡フェリーターミナル

(今見返すとよくこんなに荷物積んで2ヶ月も走ってたなと思う。)

フェリー乗船

いざ乗船!

この瞬間ってワクワクするよね。

フェリー乗船

大間からは函館に渡れます。

大体1時間半くらいなのですぐ着きます。

料金は、人間が3,500円、バイク(750cc~)が3,000円くらいでした。

今回は大間についての記事なので、このくらいにしておきます。

日本一周の話はまたどこかでまとめられたらいいなと思います。

この場所の詳細情報はこちら

この記事を書いた人

2014年からバイクに乗り始めました。今はHusqvarna701Enduroに乗ってます。
キャンプに行ったりするのが好きです。2017年にはFZ1 Fazerで日本一周してました。

コメント

ユーザー

2022-08-18 01:36:20

いいですね!

通報する

コメント

名前

コメントを投稿する

他のツーリング記事

オススメ記事

この記事を書いた人

2014年からバイクに乗り始めました。今はHusqvarna701Enduroに乗ってます。
キャンプに行ったりするのが好きです。2017年にはFZ1 Fazerで日本一周してました。

人気記事