都道府県から探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
近畿
中国・四国
九州・沖縄
×

指定したエリアで検索する

詳細条件から探す
ジャンル
季節
施設
駐車場
人数
料金
混雑具合
検索方法
×

指定した条件で検索する

しおプリンを求めて

しおプリンを求めてのアイキャッチ画像 ツーリング

投稿日:2022-06-25

閲覧数:111

今回は、「またいちの塩」ツーリングを紹介します。

~スポットの紹介と目的~

まずはざっと「またいちの塩」の紹介をしますね。

「またいちの塩」は福岡県糸島市志摩芥屋にある「製塩所 工房とったん」にあります。

糸島市は非常に自然が豊かで、「製塩所 工房とったん」では、そこの海水を利用して自家製の塩を作っています。

そこで作られている自家製の塩を使って作られているのが、名物の「しおプリン」です。

そんな名物の「しおプリン」を食べに行くのが今回のソロツーリングの目的です。

私は、あまり集団でツーリングをするのが得意ではないのでこの日も唐突にしおプリンが食べたくなり、糸島市へバイクを走らせました。

正直、天気が悪い日でした。まあ、雨予報ではありましたが、まだ雨が降るのは先だろうと思い家を出ましたが…

 

案の定、雨人間なので雨に降られました…

引き返すか迷いましたが、ここは福岡市西区。目的地まであと少し。

どこから出発かは詳しく記載することを避けますが福岡市の某所から、糸島市へ行く際は毎度お馴染みの国道202号線をとにかく糸島方面に走りました。そこから、波多江交差点を右折しそのままずっと道なりです。

そういえば、写真はありませんがこの交差点の左手にある「伊都菜彩」では地元の新鮮な農産物がたくさん販売されているのでオススメです。ソフトクリームもおいしいので是非!

~またいちの塩へ~

話を戻しますが、そこからずっと道なりに行くと、いよいよ海岸線が見えてきます。

この海岸線は夕日が見えることで有名で、この県道54号線のことを「志摩サンセットロード」と呼び多くの観光客が訪れる観光スポットになっています。

しばらく走ると、福の浦漁港に到着します。そこの隣がまたいちの塩の専用駐車場です。そこに行くと警備員の人がいるのでどこにバイクを止めればいいか教えてもらえます。とっても親切で毎回助かっています。

私は平日にしか行ったことがないのですが、土日は有料駐車場になっているみたいです。詳細はよくわかりません…ごめんなさい!

いよいよバイクを止めて、またいちの塩へ。

歩いて5分くらいですかね、ようやく到着しました!

「花塩プリン(プレーン)400円」

こちらがお目当ての「しおプリン」です。

何度食べてもやっぱりおいしいですね…!プリンの甘さが塩気で強調されていて非常においしいです。一度食べるとクセになります。

しっかり完食しました!!

ここで作られている「自家製の塩」がなかなか美味しくて気に入っているので家でも愛用しています。

またいちの塩公式通販サイト:新三郎商店 またいちの塩オンラインショップ (shinzaburo-shoten.shop)

すっかり今日の目的も達成したため天気は悪いですが、志摩サンセットロードを通って「二見ヶ浦」へ…

またいちの塩から二見ヶ浦までは、約20㎞くらいです。

「二見ヶ浦駐車場」

到着しましたが、やはり天気は悪いです。満足したので、また雨に降られる前に帰りました。

以上が、「またいちの塩」ソロツーリングでした。

~注意~

ここからは、またいちの塩に行く際の注意ですね。

11月~3月は牡蠣小屋の繁忙期なのでかなり混雑します!!この時期に団体でツーリングに行かれる際は予約を推奨します。

駐車場が砂利道なので気を付けてお通りください!初心者のころ何度も転びかけました…笑

お手洗いも駐車場にしかないので先に済ませることをオススメします。また、少し歩くのでヘルメットやジャケットの取り扱いに注意です。

営業時間も公式サイトに公開されているので、確認してから行くことをオススメします。

公式サイト:新三郎商店 またいちの塩 (mataichi.info)

~最後に~

長くなりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございます!

またいちの塩は1年中を通して楽しめますが、おすすめの季節は春~秋です。観光客もかなり多くて混雑をしているのですが、やっぱり海は夏がいいですね。

冬も牡蠣小屋シーズンですごく混んでいるのですが、牡蠣を食べた後に食べるしおプリンもおいしいのでなかなか捨てがたいです。

しかし、本当に混雑するためあまりオススメはできません!行く際はお気を付けください!

この記事を書いた人

九州・中国地方を中心に走り回っています!

コメント

他のツーリング記事

関連記事