都道府県から探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
近畿
中国・四国
九州・沖縄
×

指定したエリアで検索する

詳細条件から探す
ジャンル
4端
季節
施設
駐車場
人数
料金
混雑具合
検索方法
×

指定した条件で検索する

ツーリング

ちょっと歩くけれども、そのまま海水浴も可能!鹿島灘海浜公園

ちょっと歩くけれども、そのまま海水浴も可能!鹿島灘海浜公園のアイキャッチ画像
投稿日 最終更新日 閲覧数646

鹿島灘海浜公園へ行ってみました。
茨城県鉾田市にあり、海水浴場である大竹海岸と隣り合っています。

駐車場はそこそこ大きいですが、この日は半分ぐらい埋まっていました。駐車料金はかかりません。
大竹海岸は海水浴シーズンには駐車場が有料となるので(バイク=500円、普通乗用車=1,000円、中型乗用車=2,000円)、敢えて鹿島灘海浜公園の駐車場を利用する方もいらっしゃるようです。
大竹海岸の海水浴場までは海岸沿いに歩いて10分ぐらい、駐車場からだと15分ぐらいかかりますが、ビーチ用具を抱えて海岸へ降りていく人達も結構見かけました。

駐車場の前には休憩棟があり、地元の野菜などを販売しています。

野菜直売所の様子です。
規模はそれほど大きくありませんが、なかなかの充実ぶりです。

鉾田の農産物といえば、やはりメロンが有名ですね。
そしてメロンもリーズナブルな価格で販売されていました。
自分が到着した時は既に写真のような状態でしたが、公園で1時間ぐらい過ごしてからもう一度立ち寄ってみたら売り切れていました。

野菜直売所の隣にはレストランがあります。
自分は入りませんでしたが、野菜タンタン麺やシジミラーメンなどがおすすめのようです。

公園内の広場には芝生が敷かれており、アスレチックや展望台が設置されています。
広々としているので子供たちが走り回ったりするのによさそうですが、この日は最高気温が36度という酷暑日だったので広場は人がまばらでした。
展望台に上ろうかと思いましたが、入れ代わり立ち代わりカップルが訪れていたので遠慮しておきましたw

海岸へ続く遊歩道を下りていくと、ほどなく太平洋の眺望が広がります。
このままズンズン進んで、展望デッキの下をくぐり抜けると、海岸へ出られます。
サーファーなど海水浴場でなくてもよい、という人はそこで海に入るのもありでしょう。
ただ暗黙のルールのようなかなりコアな雰囲気がありますので、大竹海岸方面(海に向かって左手側)へ海岸沿いに歩いて行くことをおすすめします。

夏の海岸は大混雑しがちですが、大竹海岸の外れの方は比較的空いていて、静かにのんびりくつろげます。
もし行かれる場合は、レジャーシート・ビーチテント・ノンアルコールビール・保冷バックなどがあった方が楽しめます。
ただそこまでするのだったら、バイクより車の方がいいかもしれませんね。

この場所の詳細情報はこちら

この記事を書いた人

「みくた けい」です。お気楽ソロツーが好き。宿泊先を決めずにふらりと乗り出し、旅先で宿を当日予約します。

コメント

コメント

名前

コメントを投稿する

他のツーリング記事

オススメ記事