都道府県から探す
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
近畿
中国・四国
九州・沖縄
×

指定したエリアで検索する

詳細条件から探す
ジャンル
4端
季節
施設
駐車場
人数
料金
混雑具合
検索方法
×

指定した条件で検索する

ツーリング

竜門の滝は那須烏山の竜の棲む滝、ライダー必見メグロの聖地

竜門の滝は那須烏山の竜の棲む滝、ライダー必見メグロの聖地のアイキャッチ画像
投稿日 最終更新日 閲覧数591

栃木ツーリング「那珂川清流鉄道」からの続きです。(前回の記事はこちら)

他の記事は以下のリンクから辿れます。

竜門の滝の詳細は、こちら

龍門の滝の駐車場

那珂川清流鉄道で歴史ある車両を見たところで、自然を感じたくなったので、水辺へと向かいます。

栃木県の湖・川・滝のツーリングスポットで調べると、竜門の滝が面白そうだったのでやってきました。

龍門の滝駐車場

滝に一番近い上の駐車場と、少し離れたところに第二駐車場もあるので、混雑時でも比較的止めやすい場所だと思います。

今日は空いていたので、特に問題なく一番近いところに停められました。

龍門の滝案内板

竜門の滝について

高さ20メートル、幅65メートルの滝の中断位は、直径4メートルにもなる男釜と直径2メートルの女釜と呼ばれる2つの縦穴があります。そこには、神通力を持った龍神様が棲み、村人たちの願いを叶えたと言われており、民話として伝えられています。

龍門ふるさと民芸館内にある龍神洞には、龍神様が鎮座し、あなたの願いを叶えてくれます。

ということらしいです。横幅65メートルはなかなか大きいですね。

龍門の滝へ続く道

龍門の滝への道

駐車場から階段を降りて、滝へ向かいます。

5分ほどで、道も全て舗装されているので、歩きやすいです。

龍門の滝近くの橋 遠目から見る龍門の滝 龍門の滝

向かう途中で既に見えていますが、こんな感じ。

龍門の滝

結構近くまで行けるみたいです。

龍門の滝公式サイト

公式YouTubeチャンネルに、竜門の滝の動画あったので、載せておきます。

川へ降りて滝の目の前まで行ける

龍門の滝へ渡る橋

川に降りて、滝壺の前まで行けます。

龍門の滝 龍門の滝

ここから見ると迫力がすごい。

龍門の滝の右にある小さな滝

右端にも、チョロチョロご流れる小さな滝がありました。

ここまで含めて65メートルなのだろうか。

山の中の滝という感じではなく、空が開けているので、開放的な場所です。

龍門の滝と反対側へ

そのまま川を渡って反対側へと行けるので、進んでみます。

龍門の滝反対側の広場 龍門の滝反対側の広場 龍門の滝反対側の広場

川沿いを下って、いくと広場になっていました。

自転車で来ている人やピクニックをしている人がいました。

龍門の滝下流の川の飛石

川に飛び石があり、反対側に策と道があったので、昔はここを渡ることもできたみたいです。

今は道もボロボロで、渡らないでくださいと張り紙もされていました。

飛石の感覚がだいぶ広いので、道が綺麗だったとしても、難易度は高そう(笑)

龍門の滝反対側の駐車場

広場の奥に駐車場がありました。

あまり使われている感じはしませんでしたが、こっちからも滝に来れるみたいです。

龍門の滝のお土産屋と資料館

駐車場まで戻ってきて、併設されている「ふるさと民芸館」に入ってみます。

龍門の滝お土産屋

「メグロ」の特集コーナーがありました。

全然知りませんでしたが、那須烏山は、メグロの聖地らしいです。

公式サイトもありました。

どうやらここ烏山にメグロの工場があったみたいです。

龍門の滝お土産屋のポスター 龍門の滝お土産屋のポスター

メグロ・キャンボールなどツーリングイベントも盛んなようで、バイクで来ると楽しめそうです。

龍門の滝資料館

資料館のような場所に、龍がいました。

龍門の滝のテラス

そういえば、昼ごはんを食べていなかったので、ここで軽食とおやつを食べます。

テラスがあったので、滝を見ながら休憩できます。

龍門の滝のテラスで食べるアイス

時刻は16時前、だいぶ冷えてきた中でアイスはちょっと寒かったです。

次の目的地、バイク神社が16時までなので、早めに移動します。

次の記事は、こちら。

この記事で紹介されている場所

龍門の滝に近いスポット

もっと見る

この記事を書いた人

2014年からバイクに乗り始めました。今はHusqvarna701Enduroに乗ってます。
キャンプに行ったりするのが好きです。2017年にはFZ1 Fazerで日本一周してました。

コメント

コメント

名前

コメントを投稿する

他のツーリング記事

オススメ記事